パーマをかけると髪の広がりが解決しました!

Pocket

パーマをかけると髪の広がりが解決したのでその歴史についてお伝えしていきますねー♪

髪の広がりが大変でした…。

幼稚園の頃からくせ毛がひどかったのですが、スポーツをしていた私はずっとショートカットにしていました。中学生になる頃から徐々におしゃれに興味が出てきたので、髪の毛を伸ばしだしたのですが、縮毛矯正も3日で元に戻ってしまうような私の髪の毛は大爆発でした。髪の毛が肩につくようになる頃には、広がる髪の毛を抑えきれずにいつも髪の毛をくくっていて、雑誌に載っているようなおしゃれなおろした髪形にすることは出来ませんでした。プールの授業がある時は特に髪の毛に気を使っていました。毎朝時間をかけて髪の毛をセットしたりしてもプールに入ると元に戻ってしまうので、プールの授業を受けるのがとても億劫でした。

パーマをかけると髪の広がりが解決しました!

私は髪の毛が横に広がってしまうタイプだったので、髪の毛の重さで何とかしてみようと思い、とりあえず伸ばせるところまで髪の毛を伸ばしてみることにしました。髪の毛の長さが鎖骨下くらいまでくると、髪の毛の重さのおかげで髪の毛は下側に引っ張られるようになり、横に広がっていた髪の毛は広がりにくく、元のくせがパーマのようになり、とても良い感じになりました。もう一つはパーマをかけてしまうことです。元々くせ毛だからパーマをかけるという発想がなく、いつも縮毛矯正だったのですが、パーマをかけると髪の毛の広がりが抑えられ、セットもとても楽ちんでした。

髪が変わるとこう変わる!

髪の毛を伸ばすだけでくせ毛による髪の毛の広がりを抑えられるので、毎日何かをしなければならないということがなく、とても簡単でした。毎朝通学前にブラシでとかすだけでしたが、友達からもパーマかけたのと聞かれるほど自然な髪形になっていて、朝の通学前に髪の毛のセットにかける時間もとても短くなりました。髪の毛がストレートな友達は緩やかなパーマをかけてもすぐにとれてしまってもったいないと言っていたのですが、くせの感じがとても良く、緩やかなパーマをかけたりコテで巻いたような髪形になるので、全く時間はかかってないのですが、手間がかかっているように見えるのもとても良かったです。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です